Yealink Zoom Phone デバイス導入の際の注意点(よくある質問とその回答)

Yealink Zoom 電話機

まずはじめに、Yealink をはじめとした Zoom Phone(電話機)デバイス導入の際は、以下のZoomサポートページを参考に導入ください。

【参照】Zoomサポートページ

ホーム > Zoom 電話システムのサポート > Zoom Phone 入門 >
固定電話のプロビジョニングの概要
https://support.zoom.com/hc/ja/article?id=zm_kb&sysparm_article=KB0063184

ホーム > Zoom 電話システムのサポート > Zoom Phone の設定と構成 > 固定電話とデバイスのプロビジョニング
Yealink 補助プロビジョニング ガイド
https://support.zoom.com/hc/ja/article?id=zm_kb&sysparm_article=KB0064885

Yealink機種一覧(Zoom Phone 認定ハードウェア)
https://support.zoom.com/hc/ja/article?id=zm_kb&sysparm_article=KB0060253#h_746bf277-ad09-4ebc-88f5-b1f76b859b9a

補助プロビジョニング URL
https://support.zoom.com/hc/en/article?id=zm_kb&sysparm_article=KB0063146

※なお、弊社では(基本的には)Zoom Phone 管理画面側の設定につきましてはサポートをいたしておりませんのであしからずご了承ください。
※上記の参照URLはZoom社の都合により改変される場合があります。


Zoom Phone(電話機)デバイスの導入をする際のプロビジョニングについて、概略手順は以下のとおりです。

  • 電話機の IP アドレスを確認する
  • 電話のウェブ インターフェースへアクセスする
  • プロビジョニング サーバーのURLを設定する

Zoom Phone を初期設定するためには、まず電話機のIPアドレスを調べる必要があります。
これは、電話機の管理画面(ウェブ インターフェース)にアクセスし、Zoom Phone 自体を Zoom Phone のシステムへ組み込む(プロビジョニング)ため、プロビジョニング サーバーのURLを電話機に設定する必要があるためです。

※DECT機の場合は、上記の作業を行う前に、親機(ベース)に子機(ハンドセット)を登録する作業が必要です。

上記の手順を実施すれば、機器側の設定は基本的に終了です。
あとは電話機が数回再起動し、プロビジョニングが完了すると Zoom Phone システム側の管理画面にデバイスが登録され、後の設定は Zoom Phone システム側で行います。


ここまでであれば非常に簡単にセットアップが完了するのですが、御社での導入にあたってご注意いただきたい点があります。

  1. 御社のネットワークは、DHCP運用ですか?
    DHCP運用のネットワークであればIPアドレスが自動的に払い出されるため、上記の手順を実施いただけますが、DHCP運用でない場合、導入される各デバイスに対しあらかじめ固定IPアドレスを設定いただく等の手順が発生します。
    どのような設定が必要かは、御社内のネットワーク管理者さまとご相談ください。
  2. ファームウェアが Zoom社提供の Zoom Phone 専用のものに変更されます
    以降 Yealink デバイス用のファームウェアではなくなるため、(機器の購入後1年間の製品保証はありますが)Yealink ファームウェア側での動作保証はできなくなります。
  3. Zoom Phone(電話機)デバイスのネットワーク上流にUTMやファイヤーウォールがある
    Zoom Phone(電話機)デバイスの通話品質をさらに高めるためには、管理者が Zoom Phone に必要なポートすべてを許可していることを確認してください。
    Zoom Phone のファイアウォールのルール を確認のうえ、プロトコルとポートを開放してください。
  4. Zoom Phone(電話機)デバイスの Yealink ドキュメントはこちらからご確認いただけます
    Yealink のサポートサイト

Yealink DECT Phone W53P/W53H 終売のお知らせ

Emission Logo

INNOVERA PBX でも長く SIPデジタル無線子機(DECT)として活躍してまいりました Yealink DECT Phone W53H/W53P について、日本代理店より販売終了との告知がございましたのでお知らせいたします。

【日本国内正規代理店製品】 W53P Yealink デジタルコードレス IP電話機 SIP電話機 DECT Phone

Yealink W53P

【日本国内正規代理店製品】 W53H Yealink デジタルコードレス 追加用ハンドセット IP電話機 SIP電話機 DECT Phone

Yealink W53H

代替の後続製品は Yealink DECT Phone W73H/W73P となります。
よろしくお願いいたします。

※現状(2023/08/04時点)でYealink W73P/W73HのINNOVERA PBX対応に関する告知は行われておりませんため、INNOVERA PBX用キッティング価格は弊社ネットショップでのキッティング価格は公表できておりません。公表され次第、キッティング価格を掲載させていただきます。いましばらくお待ちください。

※INNOVERA PBX用キッティング価格を弊社ネットショップで公開しております。各機器のリンクよりネットショップへ遷移いただき、ご確認いただけます。

Yealink デジタルコードレス IP電話機 SIP電話機 DECT Phone の新型
Yealink W73P/W73H の子機は、以前の子機 W56H/W53Hに比べ、処理速度の向上が図られ、アドレス帳へのアクセスもスムースに行えます。

#Yealink #W73P #W73H #W56H #W53H #DECT #Phone #IPPhone
#SIP #SIPレジスト
#INNOVERA #INNOVERAPBX

INNOVERA PBXのサービス障害!?から保守サービス!

INNOVERA PBX(クラウドPBX)

INNOVERA PBX(クラウドPBX)をご利用中の歯科クリニック様から、DECT無線子機(Yealink W53H)が使えなくなったとの連絡がありました。

当日、現場のクリニック内には機器再起動等の対応ができる方がおられなかったので、トラブルシューティングの為にクリニックへ訪問しました。

該当クリニックの事務所へお伺いしたところ、DECT無線親機(Yealink W60B)に挿しているLANケーブルが抜けていただけ…
という状況で、DECT無線親機にLANケーブルをしっかりと挿し戻して復旧。
対応自体はたったの30秒で完了しました。

クリニックの総務担当者への報告時に、
Emission株式会社にはオリジナルのサービスとしてYealink端末(SIP端末)をリモートで状態を監視したり、再起動をかけたりできる保守サービスがありますので、
その保守サービスにご加入いただいていたら、端末の状態変更(LANケーブルの抜線)により
アラートが発生しますので、現地までお伺いする必要がなかったかもしれません。
是非サービスのご加入をご検討ください

とお伝えしたところ、
クリニックのようにIT担当者が常駐していない所にとっては、そのような遠隔サポートは非常にありがたい。
とおっしゃっていただき、保守サービス加入の方向で話を進めていただける事となりました。

保守サービスは普段脚光を浴びことは稀ですが、トラブルに遭遇された時に初めて必要性を感じていただける、縁の下の力持ちです。

御社でも INNOVERA PBX と共に Yealink端末の運用監視・保守サービス を是非ご検討ください。

お問い合わせお待ちしております。

Yealink SIP 電話機/Microsoft Teams 電話機をひかり電話の子機に

Yealink SIP 電話機/Microsoft Teams 電話機をひかり電話の子機に

Yealink
SIP 電話機
Microsoft Teams 電話機
は、共にNTTひかり電話のホームゲートウェイ(弊社ではRX-600KI)に接続し、ひかり電話の子機化ができます。
内線としても使えます。

※この記事はお客様の環境で接続を保証するものではございません

Microsoft Phone Systemでは別途キャリアとの契約により、外線発信が可能になりますが、このような方法により外線発信可能な端末として利用することが出来ます。
※NTT回線なので、緊急性の高い特殊3桁番号(警察への通報である110番や、消防へ救急車や消防車の要請をする119番など)への発信も可能です。

【免責事項】
※Yealink 端末で全てのひかり電話HGW動作を保証するものではありません。

【既知の動作】
※SIP端末のプログラマブルキー部分にデフォルトで表示される機能すべてが利用できるわけではありません。
※SIP端末で保留、解除の動作は可能ですが、保留中に通話相手方へ保留音が流れません。
※Microsoft Teams端末では保留の動作ができません。

#Yealink #MP58 #MP58WH #MP56 #MP54 #Microsoft #MicrosoftTeams #Teams #Phone #IPPhone
#災害モード #サバイバルモード #SIP #SIPレジスト #IP電話 #IP電話機
#SIPT48U #SIPT46U #SIPT43U #SIPT31P

#NTT #ひかり電話 #ホームゲートウェイ #HGW #RX600KI #内線設定 #外線 #緊急番号

#尼崎 #阪神尼崎 #Emission

Yealink SIP 電話機/Microsoft Teams 電話機は、イミッション オフィシャル ネットショップからご購入いただけます。


▼イミッション オフィシャル ネットショップ で Yealink SIP 電話機を見る
https://shop.emission.jp/categories/4503269

▼イミッション オフィシャル ネットショップ で Yealink Microsoft Teams 電話機 を見る
https://shop.emission.jp/categories/4503271

▼弊社サイトのコンテンツ で Yealink Microsoft Teams 電話機 の詳細を見る

設定マニュアルプレゼント

ひかり電話ホームゲートウェイに Yealink SIP 電話機/Microsoft Teams 電話機を登録して、外線発信・内線通話をしてみませんか

Yealink SIP・Teamsデバイス ひかり電話HGW子機登録設定マニュアルプレゼント🎁

※デバイスを合計2台以上ご購入で
※ご希望の方のみ

Yealink SIP・Teamsデバイス ひかり電話HGW子機登録設定マニュアルプレゼント

Microsoft Teams電話とIP-PBXやクラウドPBXのSIPアカウントを連携して使う

Microsoft Teams 電話機

Microsoft Teams 電話機の一部は、Microsoft TeamsクライアントとSIPクライアントを利用することができます。

※Yealink Microsoft Teams 電話機に搭載されているサバイバル機能を利用した SIPデュアルレジスト

サバイバル機能は、これまで困難であったMicrosoft TeamsとPBXの共存を実現します。
TeamsとPBXの共存により双方が同時に利用出来る為、これまでハードルの高かった、既存のPBXからMicrosoft Teamsへのスムーズな移行が実現します。

ネットワークの障害によってTeamsへの接続が失われると通話をルーティングする機能が失われることがあります。
これではユーザーの業務に影響を及ぼしてしまいます。
接続が中断された場合でもサバイバル機能が通話を継続することを可能にします。
また、Teamsへの段階的移行も可能となります。
Yealink電話機にIP-PBXやクラウドPBXのSIPアカウントを登録すると、Teams側の障害により接続が中断された場合でも、SIPアカウント側の通信回線を利用して電話の回線を有効な状態に保てます。

Microsoft Teams サバイバル機能でMicrosoft Teams待ち受け中にSIPアカウントで着信する様子(※動画の機種はT56A)
  • 【日本国内正規代理店製品】 MP58-WH-Teams Yealink IP電話機 MP58 Microsoft Teams Edition ワイヤレスハンドセット
    【日本国内正規代理店製品】 MP58-WH-Teams Yealink IP電話機 MP58 Microsoft Teams Edition ワイヤレスハンドセット
  • 【日本国内正規代理店製品】 MP58-Teams Yealink IP電話機 MP58 Microsoft Teams Edition
    【日本国内正規代理店製品】 MP58-Teams Yealink IP電話機 MP58 Microsoft Teams Edition
  • 【日本国内正規代理店製品】 MP56-Teams Yealink IP電話機 MP56 Microsoft Teams Edition
    【日本国内正規代理店製品】 MP56-Teams Yealink IP電話機 MP56 Microsoft Teams Edition
  • 【日本国内正規代理店製品】 MP54-Teams Yealink IP電話機 MP54 Microsoft Teams Edition
    【日本国内正規代理店製品】 MP54-Teams Yealink IP電話機 MP54 Microsoft Teams Edition

Microsoft Teams および クラウドPBXのSIPアカウントを同時に利用したいというご要望がございましたら、是非お問い合わせください。