【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について

MAXHUB(ミーティングボード)

平素よりMAXHUB「All in One Meeting Board」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

Microsoft社より、新しいMicrosoft Teamsの提供が開始されております。
これにより、従来のTeamsアプリはMicrosoft Teams Classicという名称に変わり、
利用期限が2024年3月31日までとなります。
参考:https://learn.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/new-teams-automatic-upgrade-announced

ミーティングボードでMicrosoft Teamsをご利用のお客様は下記の作業手順に従い、新しいMicrosoft Teamsをインストールしていただく必要があります。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 事前説明

事前説明

Teamsの公式サイトから新しいTeamsのインストーラーをダウンロードした際、MSIX というフォーマットのインストーラーがダウンロードされます。
しかし、ミーティングボードの標準搭載OS(Windows 10 IoT Enterprise LTSC)ではMicrosoft Storeが無いためMSIXのインストールができません。
下記の手順に従いMSIXインストーラーを各種ミーティングボードで実行できるようにする追加プログラムを実行してください。
追加プログラムの実行後、新しいMicrosoft Teamsのインストールが可能になります。

※All in One Meeting Board V6 CFシリーズ(以下「CFシリーズ」という)のソフトウェアバージョンMAXHUB_20240123_G6.5.0.121以降をご利用のお客様は作業不要です。

―対象のお客様
・CFシリーズ MAUバージョンMAXHUB_20231122G6.4.2.115以前をご利用のお客様
・All in One Meeting Board V5 Cシリーズ(以下「Cシリーズ」という)ご利用のお客様
・All in One Meeting Board Sシリーズ(以下「Sシリーズ」という)ご利用のお客様

―バージョン確認方法
ホーム画面>設定>詳細>ソフトウェアバージョン情報

用意するもの

・USBメモリ(空き容量100MB程度)
※本書を直接ミーティングボードで開き作業する場合は必要ありません。

作業手順

各シリーズにより手順が若干異なりますので、該当のシリーズをご参照ください。

―CFシリーズをご利用のお客様

1. CFシリーズもしくはPCで下記リンクからAppInstaller.zipをダウンロードし、長押し(右クリック)して展開します。
AppInstaller.zip

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 2

2. 展開したファイルをUSBメモリなどでCFシリーズに保存し、「install」を長押し(右クリック)して「power shellで実行」をタップします。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 3

3. ポップアップウィンドウが表示され、消えた段階でMSIXインストールの準備は完了です。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 4

4. CFシリーズもしくはPCで下記URLにアクセスします。
Microsoft Teams デスクトップとモバイルのアプリをダウンロード | Microsoft Teams

5. 職場/学校向けのTeams>新しいTeamsアプリをダウンロード>Windows(64ビット)用をダウンロード
を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 5

6. CFシリーズ上でインストーラーを長押し(右クリック)して「install」を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 6

7. 「Install Teams」を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 7

8. プロセスバーが100%になったらインストール完了です。

9. デスクトップ画面のWindowsマークをタップし、設定を開いて「アプリを選択します」

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 8

10.「Microsoft Teams classic」をアンインストールします。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 9

―Cシリーズ/Sシリーズをご利用のお客様

1. C/SシリーズもしくはPCで下記リンクからAppInstaller.zipをダウンロードし、長押し(右クリック)して展開します。
AppInstaller.zip

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 2

2. 展開したファイルをUSBメモリなどでC/Sシリーズに保存し、「install」を長押し(右クリック)して「power shellで実行」をタップします。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 3

3. ポップアップウィンドウが表示され、消えた段階でMSIXインストールの準備は完了です。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 4

4. C/Sシリーズのデスクトップ画面でWindowsマークをタップし、
設定⚙>更新とセキュリティ>開発者向け>アプリのサイドローディング
にチェックを付けます。
※直接悪影響を及ぼす設定ではありませんのでご安心ください。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 10
【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 11

5. C/SシリーズもしくはPCで下記URLにアクセスします。
Microsoft Teams デスクトップとモバイルのアプリをダウンロード | Microsoft Teams

6. 職場/学校向けのTeams>新しいTeamsアプリをダウンロード>Windows(64ビット)用をダウンロード
を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 5

7. C/Sシリーズ上でインストーラーを長押し(右クリック)して「install」を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 6

8. 「Install Teams」を選択します。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 7

9. プロセスバーが100%になったらインストール完了です。

10. デスクトップ画面のWindowsマークをタップし、設定を開いて「アプリを選択します」

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 8

11.「Microsoft Teams classic」をアンインストールします。

【MAXHUB】新しいMicrosoft Teamsのインストール方法について 9

MAXHUB(ミーティングボード マックスハブ)はこちら

MAXHUB CFシリーズ ファームウェアアップデート情報 2023年10月

MAXHUB(ミーティングボード)

MAXHUB All in One Meeting Board V6 CFシリーズのファームウェアアップデートが告知されました。
アップデートの内容および注意事項をよくご確認いただき、アップデートを実施いただけますようお願い申し上げます。

アップデートの概要

該当製品:MAXHUB All in One Meeting Board V6 CFシリーズ
アップデート内容:MAXHUBファームウェアのアップデート
アップデート開始日:2023年10月9日 17時 頃より順次配信
アップデート方法:インターネット経由の配信
所要時間:約15分(インターネットの接続環境により変動します)

完了後のバージョン情報

アップデートが正常に完了するとソフトウェアのバージョンは下記の通りとなります。
MAUバージョン:MAXHUB_20230919_G.6.4.2.87
確認方法:MAXHUBの設定>システム-詳細>ソフトウェアバージョン情報>MAUバージョン

アップデート内容の詳細

アップデート内容の詳細は以下のPDFよりご確認いただけます。
https://nicemobile.jp/wp/wp-content/uploads/2023/09/231009_MAXHUB_CF_6.4.2.87_Release_note.pdf

  • ワイヤレスドングル (WT13M)使用時、BYOM (Bring Your Own Meeting) 機能が追加
  • ワイヤレスドングル (WT02A)使用時かつUSB Type-C端子で接続中、複数端末からの画面共有に対応
  • 複数端末から画面共有する際の最大同時表示数が増加
  • 画面共有を行っている映像のスクリーンショットをホワイトボードに挿入できるように
  • 画面共有の手順をより詳細に表示するように
  • 画面共有に関する詳細設定を設定画面から行えるように
  • その他多くの機能追加
  • 不具合修正