ヤマハスイッチ製品一覧 2023年12月完全版

ヤマハ株式会社より、2023年12月にSWX2220シリーズの新製品として2.5ギガビット/10ギガビットに対応した多ポートモデルの2.5G/10G対応スマートL2スイッチ、SWX2220シリーズ『SWX2220-18NT』『SWX2220-26NT』『SWX2220P-18NT』『SWX2220P-26NT』が発売されました。

近年、コンテンツの大容量化やコミュニケーションツールの高機能化などによる通信量の増加に伴い、無線スループットが1ギガビットを超えるWi-Fi 6/6E対応無線LANアクセスポイントの利用が拡大しています。また、デスクトップPCや高性能なノートPCを中心に、高速な有線LANポートの採用も進んでいます。これらの機器の多くは2.5ギガビットに対応した有線LANポートを有しており、最速のパフォーマンスを発揮するために2.5ギガビット対応のスイッチとの接続が必要です。

新発売された4モデルは、中規模オフィスにおけるWi-Fi 6/6E対応無線LANアクセスポイントや高速な有線LANポートを持つ端末(eスポーツ施設におけるゲーミングPC等)の収容に最適なフロア/アクセススイッチです。
「SWX2220-10NT」「SWX2221P-10NT」の機能を継承・強化し、高速な有線LANポートを持つ機器を多数収容できるよう、各モデル2.5ギガビット対応のLANポートを12個(18NT)または20個(26NT)、上位のネットワーク機器やサーバーとの接続にも適した10ギガビット/マルチギガビット対応のLANポートを4個、SFP+スロットを2個搭載しています。また、Cat5e/6ケーブルで高速化が可能なマルチギガビットにも対応しているため、既設のケーブルを交換することなく、有線LAN環境の高速化を実現します。


ヤマハのスイッチ製品全機種ごとの違いを一覧できるページを作成しましたので、是非見比べてみてください。

もちろんお問い合わせもこちらからお承りいたしております。

ラインナップ(表)

型番ポートPoE対応規格給電
ポート数
最大給電能力ファン非給電
ポート数
PoE接続可能台数型番
1GbE1GbE
コンボ
2.5GbE5GbE/
10GbE
SFPSFP+装置全体ポート
あたり
WLX413
10G/bt
最大28W
WLX222
2.5G/af
最大10.8W
WLX212
1G/af
最大9.6W
WLX313
1G/at
最大20W
L2 スイッチシンプルSWX2110-5G5SWX2110-5G
SWX2110-8G8SWX2110-8G
SWX2110-16G16SWX2110-16G
SWX2110P-8G8IEEE802.3at1G×470W30W (at)1G ×42台※4台4台3台SWX2110P-8G
スマートSWX2210-8G8SWX2210-8G
SWX2210-16G16SWX2210-16G
SWX2210-24G24SWX2210-24G
SWX2210P-10G10IEEE802.3at1G×8124W30W (at)21G ×24台※8台8台6台SWX2210P-10G
SWX2210P-18G18IEEE802.3at1G×16247W30W (at)21G ×28台※16台16台12台SWX2210P-18G
SWX2210P-28G28IEEE802.3at1G×24370W30W (at)31G ×413台※24台24台18台SWX2210P-28G
SWX2220-10NT822SWX2220-10NT
SWX2220-18NT1242SWX2220-18NT
SWX2220-26NT2042SWX2220-26NT
SWX2221P-10NT822IEEE802.3at2.5G×8240W30W (at)310G ×2
SFP+ ×2
8台※8台8台8台SWX2221P-10NT
SWX2220P-18NT1242IEEE802.3at2.5G×12
10G×4
247W30W (at)3SFP+ ×28台※16台16台12台SWX2220P-18NT
SWX2220P-26NT2042IEEE802.3at2.5G×20
10G×4
370W30W (at)4SFP+ ×213台※24台24台18台SWX2220P-26NT
インテリジェントSWX2310-10G82SWX2310-10G
SWX2310-18GT162SWX2310-18GT
SWX2310-28GT244SWX2310-28GT
SWX2310-52GT484SWX2310-52GT
SWX2310P-10G822IEEE802.3at1G×8124W30W (at)2SFP/1G ×24台※8台8台6台SWX2310P-10G
SWX2310P-18G1622IEEE802.3at1G×16247W30W (at)3SFP/1G ×28台※16台16台12台SWX2310P-18G
SWX2310P-28GT244IEEE802.3at1G×24370W30W (at)4SFP+ ×413台※24台24台18台SWX2310P-28GT
SWX2320-16MT124SWX2320-16MT
SWX2322P-16MT124IEEE802.3bt10G×12250W90W (bt)3SFP+ ×48台12台12台12台SWX2322P-16MT
L3 スイッチライトSWX3100-10G82SWX3100-10G
SWX3100-18GT162SWX3100-18GT
スタンダードSWX3200-28GT244SWX3200-28GT
SWX3200-52GT484SWX3200-52GT
SWX3220-16MT124SWX3220-16MT
SWX3220-16TMs412SWX3220-16TMs
インジェクターYPS-PoE-AT11IEEE802.3at2.5G×130W30W (at)1G ×11台1台1台1台YPS-PoE-AT
YPS-PoE-BT11IEEE802.3bt10G×160W60W (bt)1G ×11台※1台1台1台YPS-PoE-BT
2023年12月時点

※ IEEE 802.3at給電時は、デュアルバンド(2.4GHz帯、5GHz(1)または5GHz(2)のどちらか1つ)またはFast DFSモードに設定する必要があります。
※ 背景が水色のセルはコンボポートです。LANポートとSFP/SFP+スロットは排他利用となります。

関連オプション

  • SFP+モジュール / YSFP-10G-SR
  • SFP+モジュール / YSFP-10G-LR
  • SFPモジュール / YSFP-G-SXA
  • SFPモジュール / YSFP-G-LXA
  • ダイレクトアタッチケーブル / YDAC-10G-1M
  • ダイレクトアタッチケーブル / YDAC-10G-3M

詳細情報

■製品サイト
『SWX2220-18NT』:https://network.yamaha.com/products/switches/swx2220-18nt
『SWX2220-26NT』:https://network.yamaha.com/products/switches/swx2220-26nt
『SWX2220P-18NT』:https://network.yamaha.com/products/switches/swx2220p-18nt
『SWX2220P-26NT』:https://network.yamaha.com/products/switches/swx2220p-26nt

■技術資料:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/SW/docs/swx2220/

■ドキュメント一覧:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/SW/support/document/

関連リンク

結局、ヤマハの無線LANアクセスポイントはどれを選べばいいの?

結局、ヤマハの無線LANアクセスポイントはどれを選べばいいの?

【ヤマハWi-Fi 6/6E対応無線APリリース】
Wi-Fi 6対応のデュアルバンドモデル『WLX322』と、Wi-Fi 6E対応のトライバンドモデル『WLX323』を2024年2月に発売!

※更新 2024/01/18

ヤマハの無線LANアクセスポイントは、10GbEの有線LANインターフェースを持ち最大同時接続500台のハイエンドモデルから、お求めやすい価格のローエンドモデルまで多数の品揃えがありますが、自社の環境にはいったいどのモデルが一番コストパフォーマンスが良いのでしょうか?

誰も説明してくれないヤマハの無線LANアクセスポイントの機種ごとの違いを一覧できるページを作成しましたので、是非見比べてみてください。

もちろんお問い合わせもこちらからお承りいたしております。

ラインナップ(イメージ)

WLX413

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX413
Store

WLX323

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX323
Store

WLX322

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX322
Store

WLX222

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX222
Store

WLX212

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX212

WLX313

ヤマハ無線LANアクセスポイント WLX313

ラインナップ(表)

WLX413WLX323WLX322WLX222WLX212WLX313
管理方法クラスター型管理APグループ型管理AP
Yamaha Network Organizer(YNO)対応対応非対応
Wi-Fi規格Wi-Fi 6(11ax)Wi-Fi 6E(11ax)Wi-Fi 6(11ax)Wi-Fi 5(11ac)
バンド数トライバンドデュアルバンドトライバンド
MIMO方式 (6GHz)MIMO(2×2,2ストリーム), MU-MIMO(最大2ユーザー)
MIMO方式 (5GHz)MIMO(4×4,4ストリーム), MU-MIMO(最大4ユーザー)MIMO(4×4,4ストリーム), MU-MIMO(最大3ユーザー)MIMO(2×2,2ストリーム)MIMO(2×2,2ストリーム), MU-MIMO(最大2ユーザー)
MIMO方式 (2.4GHz)MIMO(4×4,4ストリーム)MIMO(2×2,2ストリーム)
最大転送速度2.4Gbit/s1.2Gbit/s867Mbit/s867Mbit/s
最大接続端末数500台270台140台100台150台
有線LANポート10GbE×12.5GbE×11GbE×1
Fast DFSFast DFSFast DFS v2Fast DFS
外形寸法 WxDxH mm(突起部含まず)230 x 54 x 230210 x 53 x 210190 x 51.7 x 190160 x 50 x 160201 x 44 x 241
質量 本体(付属品含まず)1.7kg1.2kg880g640g1045g
2024年1月時点

どのくらいのスペック?スピード比較と最大同時接続端末数(グラフ)

※WLX413 トライバンド スループット内訳:
 5GHz帯(1) 最大2402Mbps
 5GHz帯(2) 最大2402Mbps
 2.4GHz帯 最大1147Mbps


※WLX413 トライバンド 接続端末数合計500台内訳:
 5GHz帯(1) 最大200台
 5GHz帯(2) 最大200台
 2.4GHz帯 最大100台