士業のための情報セキュリティ対策ご相談承ります

士業に必要な情報セキュリティ対策って、なんだろう?

必要なセキュリティ対策はお済みですか?

中小企業を含む多くの一般企業が会社のセキュリティ対策を整えるなか、クライアントなど多くの個人情報や機微な情報を取り扱っているはずの士業の皆さんが情報セキュリティに頭を悩ませている…そんな状況をよく伺います。
士業が取り組むべき「情報の安全な管理」とは?
弁護士・法律事務所向けの「弁護士情報セキュリティ規程」施行まで、もう間もなくです。

弁護士情報セキュリティ規程制定

2022年6月10日に開催された日弁連第73回定期総会、
第5号議案「弁護士情報セキュリティ規程制定の件」が可決

追加された義務

  • 取扱情報の基本的な取扱い方法の策定(3条2項)
  • 安全管理措置義務(4条1項・2項)
  • 情報のライフサイクル管理(5条)
  • 事故発生時の対応(7条)

追加された努力義務

  • 危険把握義務(3条1項・努力義務)
  • 研鑽教育義務(4条3項・努力義務)
  • 点検及び改善義務(6条・努力義務)

その他

  • 情報セキュリティの定義(2条1項)
  • 対象となる情報の範囲(2条2項)
  • 規程の目的

弁護士情報セキュリティ規程:
成立の日から2年を超えない範囲内において理事会で定める日から施行

セキュリティ強度の高いコンピューター(ブルー)

マルウェアの感染経路、ご存知ですか?

マルウェアとは、ユーザーが使用するデバイスに不利益をもたらす悪意あるコードやソフトウェアの総称です。

マルウェアに感染すると、個人情報や機密情報が流出する可能性があり、ネットワークで繋がっているデバイスなどにも感染が拡大します。

マルウェアに感染した場合、正しい対応をしなければ被害が拡大してしまう可能性があるため、感染時の対処法を覚えておくことが大切です。
また、正しいマルウェアの感染対策を知っておくことで、社内全体に注意喚起を行うことができるようになります。

ランサムウェアに感染したPCの画面

マルウェアには多くの種類があり感染経路もさまざまです。

どのようなタイミングで感染するのかを知ることで、危機感を持ち日々の行動で対策することが大切です。

代表的なマルウェアの種類
ウイルスランサムウェアワームトロイの木馬スパイウェアアドウェアボット
マルウェアの主な感染・侵入経路
メールウェブサイトUSBメモリ/外部ストレージクラウドストレージファイル共有マルウェアに感染しているスマートフォン

オフィスに必要なICT環境と情報セキュリティって?

オフィスに必要なICT環境とは?

☑ インターネット回線・プロバイダ契約 ☑ ルータやWi-Fiアクセスポイント等の通信機器
☑ PC ☑ ファイルサーバやNAS等のデータ保管機器
☑ 電話番号(06番号) ☑ ビジネスフォンシステム ☑ 複合機 etc.

オフィスに必要な情報セキュリティとは?

情報セキュリティ対策

WatchGuard UTM(統合脅威管理)による多層防御と、Webroot(アンチウイルス)で、ウイルスやランサムウェアなどのマルウェアからネットワークへの侵入を多重防御で守ります!

ウイルスやランサムウェアなどのマルウェアに感染しているコンピューター

ICT運用対策

UTMやアンチウイルスソフトなど、またそれら以外でもセキュリティスイッチやセキュリティWi-Fiアクセスポイント、ファイルサーバやNAS等のデータ保管機器などのICTについて、保守対策として弊社が遠隔監視サポートを実施いたします。
これら負担のかかる業務で御社の社内にシステム担当者は不要です。

顧客満足度向上

どこでもスマートフォンで06番号の発着信が可能(顧客満足向上)、
全通話自動録音機能で顧客との電話コミュニケーションを守ります!(アナログ的なセキュリティですが、言った言わないの解消にもつながります)

※06以外の地域番号の取得も可能です。ご相談ください。

顧客満足の向上ができ、ガッツポーズをしている女性

※上記以外の製品もございます。お客様の業務特性に応じて別製品をご案内させていただく場合もございます。

機器のご用意から設置・設定作業まで、
All in Oneでご提供、サービスを開始いたします!

長年セキュリティに携わってきた当社だからこそ実現できる、
守るをコンセプトにしたベスト・オブ・ブリード

特徴1必要なものだけを組み合わせてご利用いただけます!
特徴2ご購入以外にも、レンタルプランでもご利用いただけます!

■費用一例■

☑ 通信機器(UTM『WatchGuard』&Wi-Fiアクセスポイント)
☑ ウィルス対策ソフト『Webroot』
☑ 電話番号(06などの地域番号)&クラウド電話システム『INNOVERA PBX』

月額:税別28,000円~(初期費用0円)

※実際の組み合わせにより費用は変動いたしますので、個別にお見積りさせていただきます

それぞれの製品をもう少し詳しく

御社に必要な製品を必要なだけご案内させていただきます。
各製品やサービスの詳細なご案内、あるいは同種製品のご案内
およびコストのご相談もお承りいたします。
詳しくはお問い合わせください。


WatchGuard UTM(統合脅威管理 ウォッチガード)

WatchGuardは、IPS、URLフィルタリング、ゲートウェイウイルス対策、アプリケーション制御、およびアンチスパムはもちろん、先進のクラウド型サンドボックス、情報漏えい防止、ランサムウェア対策などの高度な脅威からの保護を可能にするサービスまで、広範なネットワークセキュリティサービスを提供しています。

WatchGuard UTM(統合脅威管理 ウォッチガード)

事務所のネットワークの門番です。インターネットからウイルス/マルウェアなどの流入を防御します。


Webroot(アンチウイルス ウェブルート)

PCやファイルサーバーをウイルス/マルウェアの感染から防ぎます。クラウドを利用して管理者がアカウントの一元管理を行え、各端末毎に感染状況の確認なども行えます。

Webroot(アンチウイルス ウェブルート)

Webrootは、クラウドと機械学習を利用して、サイバー攻撃に対する信頼性の高い予測と保護をリアルタイムでエンドポイントにご提供。機械学習による究極の保護対策です。
時間のかかるパッチや定義ファイル更新の手間をかけずに、リアルタイムの保護と高速スキャンを提供する、よりスマートで高速、効果的なセキュリティです。


SubGate/SubGate AP(セキュリティスイッチ サブゲート)

標的型攻撃などの脅威を検知し遮断することで、ウイルスの拡散を防止・最小化します。
脅威の発生源(エンドポイント)に最も近い場所で、ワーム・ウイルスによる有害パケットの発生、誤接続によるネットワークループ、ウイルスや悪意による盗聴行為をリアルタイムに自動検知・自動遮断し、ネットワークの安全性を確保します。

SubGate/SubGate AP(セキュリティスイッチ サブゲート)

UTMとエンドポイントのアンチウイルスソフトで対応ができない事務所内のネットワークに対して監視・検知を行い、事務所内でのウイルス/マルウェア二次感染拡大を防ぎます。


INNOVERA PBX(クラウドPBX イノベラ)

スモールスタートから大規模までカバー可能、IVR(自動音声応答)も可能で顧客満足度を上げませんか?Microsoft Teamsとの合わせ技でBCP(事業継続計画)対策にもなります。

INNOVERA PBX(クラウドPBX イノベラ)

クラウド型のIP-PBXシステムで電話線を必要とせず、市外局番をはじめとする固定電話の番号で受発信ができるテレワーク時代にぴったりの電話システムです。社内のオンプレミスなビジネスホンをクラウドへ移行し、テレワーク導入の障壁となる電話の取次問題を解決することができます。
全通話音声録音、6カ月間標準保存!

まだまだあります
こんな製品やサービスで便利や安心

Emission株式会社ご紹介

弊社は一般的な事業者がまとめて取り扱わないようなサービスでも、それらの製品やサービスをワンストップでご提供しています。
よって、他社さまでは、専門外の分野は断られたりそれぞれ別の事業者に依頼しなければならず、 何度も同じ質問を行ったり、それぞれに時間的コストや諸経費などの余計な費用がかかってしまいます。
また、弊社にご依頼いただく最大のメリットは、万一何らかの問題が発生した場合でも、多くの事業者へ個別に問い合わせ、それら事業者間をたらいまわしにされることなく問題を解決できることにあります。
事業所内のインフラやネットワークについて何らかの懸念事項があれば、どんな小さなことでもご相談ください。

ご相談やご質問・お問い合わせはこちらのフォームよりお問い合わせください。
担当者より2〜3営業日以内にご連絡させていただきます。