建設業向原価管理システム 本家シリーズご案内

  1. PCサポート、サーバ・ネットワーク構築のEmission TOP
  2. 業務案内
  3. 業務システムのご提案
  4. >建設業向原価管理システム 本家シリーズご案内

建設業向け原価管理ソフト 「本家」シリーズとは

「本家」とは、株式会社アイキューブが開発した主に建設業向けの原価管理システムです。業務の効率化を促進し、正確な原価・労務管理、スピーディーな原価把握を行う事でPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルを推進するためのシステムです。本体システムとオプションシステムから構成されており、予算に合わせた導入が可能です。なお、建設業以外にも、コンサルタント業・ソフトウェア開発・広告印刷関連などプロジェクト受注型企業にもご利用いただけます。

システム構成

本体システム

オプションシステム

各システムには、スタンドアロン版とネットワーク版(3,5,10,15,20クライアント)があります。ネットワーク版を利用するには、Windows 2003 Server/2000 Server とMicrosoft SQLServer 2000が必要となります。スタンドアロン版は、Windows Me/XP/2000が必要です。

原価本家とは

原価本家は、原価管理を行うシステムで、日々の日報を入力する事によりタイムリーな原価を把握する事ができます。作業の流れとしては、
現場登録→予算入力→日報入力→予算と実績の対比
となります。
予算実績一覧表や工事原価集計表、請負工事台帳などの帳票類を画面上、または出力(印刷)をする事で、工事にかかった原価を把握する事が可能です。

出面本家とは

出面本家は、労務管理を行うシステムで、社員の給与などの管理を行います。労務日報は、原価の現場日誌・管理用作業日報とリンクしており、労務日報に入力したデータは原価の日報にも反映されます。作業の流れとしては、

社員登録→出面項目設定(基本給などの支給項目)→労務日報入力
となります。

社員別出勤簿・現場別労務集計表・労務費振替表などで労務費の管理を行えます。

入金支払本家とは

入金支払本家とは、入金支払管理を行うシステムで、材料・経費の仕入先業者や外注先などの協力業者への発注・支払管理と依頼者である官公庁・元請など発注業者からの入金・売上管理の2つから構成されています。作業の流れとしては、
1.支払項目設定→発注入力→注文書発行→支払請求入力→外注査定→支払締処理→支払確定入力→支払伝票入力
2.売上伝票入力→入金伝票入力
と言った流れになります。

業務内容

トップページ

ネットワーク構築サービス

サーバ構築サービス

パソコン出張修理

パソコン定期保守

業務用パッケージソフト販売

OSインストールサービス

カスタマイズパソコン販売

プロバイダー取次

ライセンスソフト販売

記帳代行サービス

総務おたすけパック

総務おたすけパックぷらす

どこでもオフィス

UTM/ファイアウォール

弥生会計・弥生販売

中小規模オフィス用IP-PBX

小規模オフィス用IP-PBX

Firebox(ファイアーボックス)でネットワークセキュリティ強化