自社で経理(会計業務)を行うのと記帳代行に頼むのどちらがいいの?

  1. PCサポート、サーバ・ネットワーク構築のEmission TOP
  2. 業務案内
  3. 記帳代行サービス
  4. >自社で帳簿をつけるのと記帳代行を頼むのどちらがいいの?

コラム:自社で帳簿をつけるのと記帳代行を頼むのどちらがいいの?

結論から言うと、自社で帳簿をつけるのが一番いいです。

記帳代行サービスを提供していて、自社での帳簿づけを推奨するのもおかしな話ではありますが、自社で帳簿付けをする(自計化)するにこしたことはないです。

自計化とは

自計化とは、自社で会計業務を行う事を言います。自社で入金伝票や出金伝票、振替伝票の作成、元帳の作成、試算表の作成などを行います。

昔の会計業務であれば、伝票から元帳へ転記してその合計を計算してなどが必要でしたが、最近では会計ソフトが安価に入手出来る事からパソコンと会計ソフトを利用する事がほとんどです。

会計ソフトを使えば、入金伝票、出金伝票、振替伝票を入力する事で元帳の作成や試算表は自動的に出来上がりますので、伝票の入力方法を覚えてしまえば簡単に出来ます。

自計化のメリット・デメリット

自計化した場合のメリット、それはなんと言ってもリアルタイムで経理の把握が出来ると言う事でしょう。

記帳代行の場合は、一ヶ月分の資料をまとめそれを受け取り資料作成に取りかかります。資料送付などの時間も必要ですので、どうしてもタイムラグが発生します。すると、手元に来る経理資料はちょっと前の時点での資料となり、資金計画を行うのには資料として古いものとなっているかもしれません。

しかし、自計化した場合は、毎日の入出金を欠かさず伝票入力する事で、リアルタイムでの経理資料を見る事が出来、資料としても最新の物を利用出来ます。

一方、自計化のデメリットは、誰がやるんだ?と言う事になるでしょう。

記帳代行の場合は、資料(領収書や通帳コピー、売上の分かるもの)があれば、それを月に1度送付すれば経理資料が出来上がり、領収書などもファイリングされています。

自計化の場合は、自分で資料から会計ソフトに入力し、入力した資料はファイリングをする必要があります。

仕事が忙しい時やその時間がとれない時は後回しになるかと思いますが、そうなると資料がたまってきて、入力やファイリングに余計時間がとられると言う悪循環が始まります。

コストも自計化が良いか記帳代行が良いかの判断材料になるかもしれません。

経理専門の人が居た場合、先ほどの悪循環にはおちいらないかもしれませんが、人件費が必要となります。その費用は記帳代行よりも大きいでしょう。

ただ、会計は会社経営の根幹に関わる事ですので、コストだけで判断するのはあまりオススメはしません。

当社のスタンス

経営にも色々な段階、ステージがあると考えています。

経理がややこしそうだから起業しないと言うのは、機会損失です。
起業したけど他の仕事が忙しすぎて経理まで手が回らないなどの状況も経営的によくありません。

ですので、最初は記帳代行サービスをお使いいただき、事業が安定してきた時に、自計化が出来る様にフォローしていくのが役目と考えています。

当社は弥生会計で有名な弥生株式会社のパートナーで、パソコン環境の整備も専門で行っております。

記帳代行サービスは、弥生会計を利用して行っております。自計化すると言う時期がくれば、パソコンの選定方法の話から弥生会計の導入まで、ワンストップで記帳代行から自計化への移行を支援いたします。

お問い合わせはこちらから

業務内容

トップページ

ネットワーク構築サービス

サーバ構築サービス

パソコン出張修理

パソコン定期保守

業務用パッケージソフト販売

OSインストールサービス

カスタマイズパソコン販売

プロバイダー取次

ライセンスソフト販売

記帳代行サービス

総務おたすけパック

総務おたすけパックぷらす

どこでもオフィス

UTM/ファイアウォール

弥生会計・弥生販売

中小規模オフィス用IP-PBX

小規模オフィス用IP-PBX

Firebox(ファイアーボックス)でネットワークセキュリティ強化